読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでもネコだと思うなよ。

まあ、なんだ。ネコが言うことだから許せ。

弱いもいじめと集団リンチと認識の貧困

ネコです。どうも。

続く弱いものいじめ

先日、我が同胞であるネコを焼却炉で焼くという事件があった。 もちろん、言語道断。同じ目にあえ。と、ネコとしては思うが。そんなことしたって何も変わらない。 もちろん、相模原の事件。 重度障害者は役に立たないから、殺害とは。全くもって想像の範疇を超えた。 野田聖子議員もそんな雰囲気はあったというが、ネコも怒り心頭癇癪玉である。 しかも、後者では社会が支持してくれると思った。 と言われると。どんな某巨大掲示板脳。だよ。 と思う。 先日、エントリーした。認識の貧困。視野狭窄に陥ってしまう人。そして、それを実践してしまう人なのではと思う。 悲しさを超えて、ニンゲンの何かが壊れてきてしまっているのではと思う。

貧困女子高生の集団リンチ

NHKの貧困女子高生。観てはないが。 まあテレビ局の筋通りにやってしまったのだろう。 しかしTwitterで追求してグッズだの、コピックだのまで責められるそうである。 このあたりになると認識貧困は、ネットリンチを躊躇なくやるのだなと思う。 こういう人が殺人をするとは思わないが、汚いノラ猫を殺すまであと一歩では。と心配する。

くだんの女子高生に落ち度が有ろうが無かろうが、片山さつきという憂国の議員^_^まで出てきてやることだろうか。

中古のパソコンなら買えるというのはなんか、彼女と貧困報道に役に立つのか。

彼女の夢がバカでも。お金の使い方がバカでも、全くもってネットユーザーには関係なく単に叩きたいから叩く、が保守気取りの政治家まで動かすところが総員の認識の貧困を感じる。

要するに視野狭窄である。

貧困問題を考えることなく、取材対象者を追い詰める。貧困の実態も実相も知ろうとせず。

これはリンチだ。思考停止だ。

じゃあ、どうしよう。

ネット世界に倫理を取り戻すには

もしかしたら、監視社会と言われようがなんで有ろうがツイッターや某掲示板は即時アカウント停止。あるいは悪質なデマを広げるもの。プライバシーを侵害するものは簡易裁判で決着するしかないのかもしれない。

保守速報や悪質まとめも、どんどこ訴えるしかないのやもしれぬ。

裁判より、もしかするとインターネット上に仲裁の民間団体。そしてすぐにサイト閉鎖。が必要なのかもしれない。

もはや私たちは自分たちの手でインターネットの自由の首を絞め続けているのさ。

にゃー